会社沿革

1997年 10月

株式会社ブイ・テクノロジーとして神奈川県厚木市に設立(資本金30,000千円)

 
1998年 1月

PDP用検査装置Neptuneシリーズを販売開始

Neptuneシリーズ

8月

精密座標測定装置Saturnシリーズを販売開始

 
11月 精密座標測定装置Venusシリーズを販売開始  
1999年 1月

超精密座標測定装置Mercuryシリーズを販売開始

Mercuryシリーズ

6月 アドバンストディスプレイオブザイヤー検査装置部門グランプリを受賞(Super Neptune 9000)  
9月

修正装置Jupiterシリーズを販売開始

Jupiterシリーズ

12月 観察装置RVシリーズを販売開始  
2000年 3月

ミクロ観察装置Satelliteシリーズを販売開始
マクロ観察装置AsteroidIIシリーズを販売開始


AsteroidIIシリーズ

4月 当社製品の販売・サービスサポートを目的として韓国にV Technology Korea Co., Ltd. 設立  
12月 東京証券取引所マザーズ上場(銘柄コード:7717)  
2001年 11月 当社製品の販売・サービスサポートを目的として台湾にV-TEC Co., Ltd. を設立  
2002年 3月

LCD用欠陥検査装置Capricornシリーズを販売開始

Capricornシリーズ

2003年 12月 台湾子会社(V-TEC Co., Ltd)、台南にオフィスを開設  
2004年 10月

本社・ショールームを横浜市保土ヶ谷区に移転

台湾子会社(V-TEC Co., Ltd)、台中にオフィスを開設

本社

2005年 6月

LCD基板製造にかかわる装置の開発・製造・販売を行う子会社、 株式会社ブイ・イメージング・テクノロジーを設立

LCD用露光装置AEGISシリーズを販売開始

AEGISシリーズ

2007年 11月 当社製品の販売・サービスサポートを目的として中国・上海に駐在員事務所を開設
(V Technology Shanghai office)
 
2008年 10月 大阪府堺市に、堺事務所を開設  
2009年 11月 シャープ株式会社殿よりLCD-Award Best in Class 設備部門賞受賞  
2010年 1月 業務効率化のため、株式会社ブイ・イメージング・テクノロジーを吸収合併  
4月 監査法人トーマツ殿よりTechnology Fast500 Asia Pacific 2010 受賞  
2011年 2月 東京証券取引所マザーズより1部へ上場指定変更
高精細LCD用露光装置AEGIS-HRシリーズを販売開始
 
7月 中国国内での販売・サービスサポート体制を更に強化する為、駐在員事務所を改め、正式に子会社として現地法人化(Shanghai V Technology Co., Ltd.)  
2013年 10月 オムロンレーザーフロント株式会社より「FPD・半導体業界向リペア装置事業」を取得  
2014年 12月 中国、昆山にKunshan V Technology Co., Ltd.を設立  
2015年 6月 株式会社NSKテクノロジーを100%子会社化し、同社商号を株式会社VNシステムズへ変更  
2015年 12月 中国、香港にVETON Tech LIMITED.を設立  
2015年 12月 Shanghai V Technology Co., Ltd.をVNシステムズの中国事業サポートを主とした運営とし商号をShanghai VN Systems Co., Ltd.へ変更  
2016年 4月 オー・エイチ・ティー株式会社の発行済株式の内67%をひろしまイノベーションファンドより取得し子会社化