3Dディスプレイ用偏光フィルム生産システム AEGIS-3Dシリーズ

AEGIS-3Dシリーズ
【概 要】

昨今では3D映像を自宅で楽しむことのできる3Dテレビが身近になってきています。様々な3D方式の中でもAEGIS-3Dは、フィルムパターンリターダー(FPR *1)方式用の、偏光フィルム生産システムです。システムの中核となる装置は露光装置ですが、他の露光装置で培った技術を応用しています。

*1:FPR型3Dテレビは、円偏光メガネを用いる方式の3Dテレビです。FPR型3Dテレビに用いられる3D専用メガネは軽量で、着け心地がよく、信号エリアの制限もない為、リラックスして3D画像を楽しむ事ができます。映像も明るく、画面を見る為の角度の制限が少ない為、自由なアングルで明るい画面視聴を可能とします。

【特 長】
  • 高い位置合わせ精度
  • CCDカメラと画像処理を用い、フィルム上のアライメントパターンを追従しながらリアルタイムに露光位置を補正し、露光位置精度±10μm を実現しております(※2011年9月末時点)。

  • 高い生産能力
  • フィルムをロールしながら途切れる事なく連続で露光し続けることにより、高い生産能力を実現しています。

  • ゴミ・異物に強く、共通欠陥が発生しない
  • 欠陥が発生しにくい独自のスキャン露光を採用しているため、共通欠陥等の発生を未然に防ぐことができます。