社員紹介

ブイ・テクノロジーではどのような人達がどのような仕事をしているのか? 当社への就職をご希望の方が気になる質問を先輩社員に聞きました。現場で働く社員の声からブイ・テクノロジーの“素顔”を感じ取っていただければ幸いです。

研究開発部 光学系設計担当より (2001年入社)


Q1現在の担当業務を教えて下さい。

当社で扱う光学系全般の設計・開発業務を担当しております。露光機に採用されるUV光源の照明光学系や投影結像系の仕様決め・レンズ設計などが主な業務です。

研究開発部 光学系設計担当

Q2なぜブイ・テクノロジーを志望されましたか?

私が入社した当時(10年前)は、当社はまだベンチャー企業であり、若い会社でした。取り扱っている製品が、今後発展が期待されるフラットパネルディスプレイの検査関連装置ということもあり、社員として会社がこれから発展していくのを体験できるのではと思い、志望しました。また、新入社員でも製品の設計・評価にすぐに携われるというのもやりがいがあると感じました。

Q3職場に配属されての第一印象はいかがでしたか? また、現在の雰囲気はいかがですか?

私が配属されたのは開発部でした。最初は自社製品の理解を深めるために仕様書等に目をとおす日々でしたが、すぐに新製品の設計・評価に加わることになりました。その時は、プレッシャーを感じることもありましたが、今思えば貴重な体験だったと思います。
現在も研究開発部に所属していますが、新入社員でもすぐに新製品や最新技術に触れる機会があることは変わっていません。研究開発部は様々な分野(電気・機械・化学・光学等)の人が集まっており、いろいろな技術を吸収できると思います。

Q4仕事上のエピソードを教えて下さい。

最初は電気回路や論理回路の設計を担当していましたが、入社5年目あたりから光学設計を担当するようになりました。しかし、光学の専門知識がなく一から勉強する必要がありました。独学で勉強するのはさすがに限界があったため、光学設計経験者の顧問の方に設計の基礎を教えて頂くようになりました。3年ほどの期間でしたが、この方がいなかったら今の自分はないので、非常に感謝しています。また、このような機会を与えてくれた会社にも感謝しています。

Q5最後に、ブイ・テクノロジー志望者へのメッセージ、アドバイスがありましたらお願いします。

私が在籍している研究開発部では、新入社員にも積極的に新規開発案件に携わってもらっています。皆様には常識に捉われない考え方(イノベーション)を持って仕事をしてもらいたいと思います。私達と一緒に、ブイ・テクノロジーがさらに発展できるよう活躍してくれることを期待しています。

第一技術部 露光機担当より (1999年入社)


Q1現在の担当業務を教えて下さい。

露光機グループの機械設計を担当しています。自分で設計した露光機を現場で確認する作業も行います。自分で設計した装置の納品は緊張と同時に非常に大きな達成感を感じます。

第一技術部 露光機担当

Q2なぜブイ・テクノロジーを志望されましたか?

もともと機械とかメカニカルなものが好きで、メーカーを中心に就職活動をしていました。そんなときにブイ・テクノロジーの会社説明会を受け、いい雰囲気だったので志望しました。

Q3職場に配属されての第一印象はいかがでしたか? また、現在の雰囲気はいかがですか?

風通しのいい一体感のある職場でした。私の場合、配属されてからすぐに重要なプロジェクトに参加する事になりました。他社に無い装置を如何にして設計するかということが重要視されていて、そこでは先輩後輩関係なく活発に議論がなされます。勉強する事が多く大変でしたが、頼もしい先輩や明るい仲間が周囲にいて職場にも一体感があって当時から厳しくも楽しく仕事ができました。いまもチームワークでプロジェクトを推進していてその雰囲気は変わりません。

Q4仕事上のエピソードを教えて下さい。

自分が設計した装置のことでお叱りを受ける時は本当につらいです。しかしくよくよせず、迅速かつ的確に対応し、状況を詳しくお客様にお伝えする事で問題を解決できたときには逆に感謝されることもあり、ほっとすると同時に、充実感を得ることができました。

Q5最後に、ブイ・テクノロジー志望者へのメッセージ、アドバイスがありましたらお願いします。

入社してすぐに色々な仕事を任せてもらえます。責任重大ですが、周りには頼もしい先輩や仲間がたくさんいますし、いつでも助けてもらえるので一人で抱え込まず解決できます。ピンチを乗り越える度に、自分だけの経験や知識、ノウハウが身につき成長を実感できます。技術だけでなく、人付き合いといった人間関係やお客様への対応等、幅広く勉強できます。最後まであきらめないのが大事です。ぜひチャレンジしてみてください。