当社は、FPD装置事業と並ぶ新たな事業を立ち上げ、事業の多角化を実現する為に様々な分野で挑戦を続けており、その一つが、FPD等のデバイス製造に不可欠な部品や材料の事業です。部材事業の第一弾として、現在、OLED用蒸着マスク事業の立上げに取り組んでいます。
 

蒸着マスク事業

 蒸着マスクとは、有機材料を TFT 基板上に製膜するマスクで、OLEDの製造に不可欠な部材の一つです。その為、OLED用蒸着マスクの市場は、中長期的な成長が期待されています。
 当社は、2012年より独自の蒸着マスク(ファイン・ハイブリッド・マスク、FHM)の研究開発を進めてきましたが、 2017年12月に、FHMの製造と開発を担う、ブイ・イー・ティー(VET)を山形県米沢市に設立いたしました。山形県および米沢市の支援の下、 当社グループは、約50億円の設備投資を行い、2019年度の量産開始を目指し作業を進めています。
 

FHMによる蒸着(動画でご紹介)

 FHMは、OLED材料をTFT上に精密に形成する為の蒸着マスクで、金属と樹脂の薄膜上に画素サイズの微細な穴が精密に加工されています。気化した材料はマスク越しにTFTの上に付着されます。

FHMの強み

ファインハイブリッドマスク(FHM) は、OLED の製造に最適な次世代の蒸着マスクです。金属材料と樹脂材料を用いたハイブリッド構造となっており強度を維持しながら軽量かつ薄型化を実現しています。
 この為、高精細な画素パターンの蒸着に適しており、1000ppi 相当の OLED 製造に対応マスクの製造が可能です。また、軽量な為ガラス基板を立てた状態での蒸着に適用可能です。
 更に、ノンテンション構造を採用している為、お客様による架張・溶接工程*が不要です。 
 *架張・溶接工程:μm 単位で位置を微調整しながらマスクをフレームに組付ける作業。
 

FHM外観
拡大
FHM外観

ブイ・イー・ティーについて

会社名

株式会社ブイ・イー・ティー

(VET Co., Ltd.)

設立 2017年12月1日

本社所在地

横浜市保土ヶ谷区神戸町134

横浜ビジネスパーク

イーストタワー9F

工場所在地

米沢市八幡原

四丁目2837番地の9 

資本金 490百万円
代表者 代表取締役社長 長野 勝一

 

米沢工場
拡大
米沢工場