当社は、FPD装置事業と並ぶ新たな事業を立ち上げ、事業の多角化を実現する為に様々な分野で挑戦を続けており、その一つが、FPD等のデバイス製造に不可欠な部品や材料の事業です。部材事業の第一弾として、現在、OLED用蒸着マスク事業の立上げに取り組んでいます。
 

蒸着マスク事業

株式会社ブイ・イー・ティーは、ブイ・テクノロジーグループにおいて、蒸着マスクの開発と製造を担う100%出資の子会社として、2017年12月1日に設立されました。山形県の支援の下、米沢市にR&DとFHM生産を担う工場を保有しており、OLED生産に関する様々なニーズにお応えする研究開発とFHMの生産に取り組んでいます。

FHMの強み

 FHM(Fine Hybrid Mask):スマートフォン用等のディスプレイ画面上には約20μmの画素が、おおよそ210万個が形成されています。蒸着マスクとは有機EL材料をガラス基板上に蒸着する際に用いられます。

 非常に薄い特殊なステンレス薄膜にほぼ画素と同サイズ・同位置・同数に開口が形成されており、ガラス基板上に画素を正確に形成する際に不可欠な消耗部材の一つです。

 当社の蒸着マスクは金属材料と樹脂材料を用いたユニークなハイブリッド構造が特長であり、強度を維持しながら薄型化を実現しています。

FHM外観
拡大
FHM外観

ブイ・イー・ティーについて

会社名

株式会社ブイ・イー・ティー

(VET Co., Ltd.)

設立 2017年12月1日

本社所在地

横浜市保土ヶ谷区神戸町134

横浜ビジネスパーク

イーストタワー9F

工場所在地

米沢市八幡原

四丁目2837番地の9 

資本金 490百万円
代表者 代表取締役社長 塩尻 和也

 

米沢工場
拡大
米沢工場