ブイ・テクノロジーで活躍する社員

【T.Tさん】

専攻:機械工学、設計分野

入社年:2015年

部署名:営業本部 第一営業部

積極的に挑戦し、お客様に貢献できる喜び

入社理由

「世の中にない装置の開発に積極的に挑戦できる」

当社を知ることになったきっかけは前職に在職していた頃、約10年前のことです。前職の会社と当社で新しい装置を共同開発することになり、そのプロジェクトを機に一緒に仕事をするようになったためでした。

 

「装置開発に1から関わる」ということは僕が学生時代から挑戦してみたいことでしたので、このプロジェクトに関わることが出来て、とても嬉しかったのを思い出します。共同開発を通じて、当社は若い会社でありながらも「世にない装置はどんどん自分達で作る」という社風がある、積極的な会社だと知り、とても良い印象を持っていました。その数年後に縁あって2015年に当社に入社し、現在は営業本部第一営業部長を任せて頂いています。 

装置を無事に立ち上げた後の達成感

営業担当のやりがい

 

私が主に営業を担当しているのは大型の装置で、縦横のサイズが16m×16m、高さが6mにもなります。これだけ大きい装置ですので、決して一人で作るものではなく何十人もの仲間と関わりながら、約1年を掛けて、装置を立ち上げます。また、現場では次から次へと問題が起きることも稀ではありません。トラブル発生時はそれぞれが対応に追われるので本当に大変ですが、問題解決後に「完成した装置にとても満足して頂いている」というお声をお客様から頂くと、本当に達成感を感じますし、何よりも嬉しくなりますね。

いつまでも頼りにして頂ける喜び

ブイ・テクノロジーで働く魅力

 

装置の営業を担当していて面白いのは、購入して頂いてからもお客様とのお付き合いが長いことです。アフターサービスや修理のご相談、お客様の作りたい製品が変わったタイミングで改造のご相談などを受けたりしていますので、お客様との関わりは年単位で続いていきます。また、ご相談の内容によっては新しい装置の提案をさせて頂くことも勿論あります。

 

通常、工場が続く限りは当社の装置をそのまま使用し続けて頂けることが多いのですが、お客様から頂いたご相談で印象に残っているのは、20年物の装置に新しい機能を追加したいと言われたときのことです。この装置を設計した当時のエンジニアは既に退職していたのに加え、開発当時の図面が手書きだったこともあり、かなり大変ではありましたが、結果的にお客様に喜んでいただくことが出来、引き続き同じ装置を使って頂けています。

 

古い装置ゆえ手がかかるというのは否めないですが、20年間にもわたって今でもずっと当社の装置を愛用して頂けているということは当社装置の品質の良さを示す証拠であり、信頼関係があるからこそ長年にわたって引き続きご相談をして頂けるという、誇らしいことだと思っています。

また、お客様から新しいご要望を相談して頂けるのは、当社が今までもずっと新しいことに積極的に挑戦し続け、お客様に貢献してきた結果ゆえだと思います。

傾聴し、課題解決に活かし結果を出していく姿勢

お客様といい関係を築くためのコツ

 

当社は、お客様のニーズに常にフレキシブルに対応することをとても大事にしています。個人的に日頃から心がけているのは、お客様からの相談に対して頭ごなしに「出来ない」と断言せず、まずは傾聴する姿勢を大事にするということです。

 

お客様のご要望をしっかりとお伺いしない限り、当社の装置に対するお客様の真のニーズは聞き出せないですし、相談して頂けるということはお客様が我々の装置や技術力の可能性を信頼して下さっているという証拠だと思いますから、なるべくそのご期待にお応えして貢献したいと思っています。

 

お客様から頂いたユニークなご要望から、当社では考え付かなかった新しいアイディアが生まれることもあります。そういった日々の小さな挑戦の積み重ねで、当社は新しい製品を生み出しています。自分の今までの常識や自分が想像できる範囲のみがお客様のご要望に対する「限界」になってしまわないように、様々な方の意見を聞き、見識を広げていくことも大切なことだと思います。

常に新しいことに挑戦できる環境

入社希望の方へ

 

世代に関わらず、全員が新しいことに積極的に挑戦できる環境があるので、成長し続けられるという事が当社の何よりの魅力だと思います。個人的には、同じルーティンの繰り返しよりも、日々新しいことにどんどん挑戦したいと思っているので、毎日の業務が刺激的で充実しています。チャンスがあるなら、新しいことでもどんどんやらせて頂ける環境ですので、こういう働き方で成長していきたいという人にとっては当社の社風はぴったりだと思います。いつか皆様にお会いできるのを楽しみにしております!